teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


このBBS

 投稿者:清水鱗造  投稿日:2013年 8月 5日(月)09時42分55秒
  登録しなおしたので、大丈夫なはずです。
めったに使いませんが、灰皿町サーバのトラブルのときなどの連絡に使うことがあります。
 
 

現在アクセスできません

 投稿者:清水鱗造  投稿日:2011年 6月12日(日)22時04分41秒
  現在、サーバが停止しています。
 

現在サーバが停止しています

 投稿者:清水鱗造  投稿日:2009年 9月26日(土)21時22分37秒
  灰皿ネットサーバが現在、停止しています。
http://www.shimirin.net/unagi_12.html
で経過報告をしますが、今回ちょっと時間がかかりそうです。
 

画像の掲示

 投稿者:とみざわ  投稿日:2008年 4月13日(日)01時01分44秒
  画像認証は必要ですね。間違って投稿してしまうのも防げますし。
スパム対策が出来たので、私のteacupは写真の貼り付けを許可してみました。
表示位置がちょっとですけど。

http://8411.teacup.com/moliharu/bbs

 

ちょっと試します

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2008年 4月12日(土)00時31分55秒
  画像認証を試します(^^)。

http://www.haizara.net/

 

書くときに

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2008年 4月12日(土)00時25分30秒
  画像認証が導入されたようですね。
このteacupの掲示板も書き込みが少ないですが、いろいろとシステムに工夫されているようで参考になります。

http://www.haizara.net/

 

うろこアンソロジー2007年版

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2007年12月14日(金)00時09分35秒
  http://www.haizara.net/~shimirin/an2007/an07_i.html
うろこアンソロジー2007年版の掲載を上記URLで始めました。
締切りは大晦日です。ふるってご寄稿お願いします。
作品はメールに張り付けるかたちがいいですが、添付ファイルでもかまいません。

http://www.haizara.net/

 

メルマガ詩誌『風の森』のご案内

 投稿者:kinokoe1メール  投稿日:2007年 3月16日(金)00時11分20秒
  メールマガジンの詩誌を発行しましたので、お知らせいたします。

『風の森』 ―詩誌・西田 純

(全バックナンバー)http://blog.mag2.com/m/log/0000225747/

(登録)http://www.mag2.com/m/0000225747.htm

 私の詩を、ほぼ隔週程度、発表する予定です。お読みいただければ幸いです。

(なお、今までの詩集を、参考までに紹介させていただきます。

 「空にむかって」 (1992年 椋の木社 1,260円)
 「石  笛」   (1992年 土曜美術社出版販売 1,785円)
 「鏡の底へ」   (1995年 土曜美術社出版販売 2,100円)
 「楽器のように」 (1999年 土曜美術社出版販売 2,100円)
 「木の声 水の声」(2002年 銀の鈴社 1,260円)

http://www.mag2.com/m/0000225747.html

 

(無題)

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2006年12月29日(金)22時27分51秒
  「うろこアンソロジー 2006年版」に水島英己さんの作品を追加しました。水島さん、ありがとうございました。

http://www.haizara.net/~shimirin/an2006/an06_i.html

 

冨澤守治さんの作品を追加

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2006年12月25日(月)23時36分44秒
  「うろこアンソロジー 2006年版」に冨澤守治さんの作品を追加しました。どうもありがとうございました。

http://www.haizara.net/~shimirin/an2006/an06_i.html

 

石川為丸さん、有働薫さんの作品を追加

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2006年12月25日(月)19時42分44秒
  http://www.haizara.net/~shimirin/an2006/an06_i.html
「うろこアンソロジー」に石川為丸さん、有働薫さんの作品を追加しました。どうもありがとうございました。

http://www.haizara.net/~shimirin/an2006/an06_i.html

 

(無題)

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2006年12月25日(月)00時34分30秒
  「うろこアンソロジー 2006年版」に田中宏輔さんの作品を追加しました。
田中さん、ありがとうございます!

http://www.haizara.net/~shimirin/an2006/an06_i.html

 

うろこアンソロジー 2006年版

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2006年12月17日(日)13時42分11秒
  「うろこアンソロジー 2006年版」の公開を始めました。
ふるって投稿おねがいします。

http://www.haizara.net/~shimirin/an2006/an06_i.html

 

うろこアンソロジー 2006年版

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2006年12月11日(月)22時30分34秒
  恒例の「うろこアンソロジー」の作品を募集します。
例によって、メールに張り付けるかたちでおねがいします。
それができない(やりかたがわからない)場合には、wordの文書を添付されてもけっこうです。
没原稿はありません。
下の「灰皿町ゲストブック」にもおいでください。

http://www.haizara.net/~shimirin/cgi-bin/html1.cgi

 

言語実験工房のアドレスです。

 投稿者:あつすけメール  投稿日:2006年10月22日(日)14時52分22秒
  以下に言語実験工房のアドレスを記載させていただきました。

よろしくお願いいたします。


http://www2.ocn.ne.jp/~etude/elf/index.html
 

「言語実験工房」発足のお知らせです。

 投稿者:あつすけメール  投稿日:2006年10月22日(日)13時23分52秒
  詩における新しさとは何でしょうか。詩集、あるいは、詩作品をのみ対象として、内容と形式の両面から、それを追求し、保存し、公開することを目的として、ここに、私達は、言語実験工房なるものを発足させました。

具体的な活動としましては、私達が収集しました詩集、あるいは、試作品のなかから、新しさをもつものをウェブ上に保存し、公開することにいたしました。その新しさの基準とは、私達の知識と感性に大いに揺さぶりをかけるものであること、ただそのことのみです。

収集しました詩集、あるいは、詩作品のなかから、ウェブ上に保存し、公開させていただく作品の選択は、私達の話し合いによって決めさせていただきます。

紹介の方法としては、詩集の一部を、あるいは、詩作品の一部かすべてを電子メール(jpeg, gif, pdf にて添付)で送って頂くか、郵送で送って頂きスキャナーで取り込み、ウェブ上に公開する、という形にいたします。

公開の際には、あらかじめ、作者の方に了承を得て、その詩集、あるいは、詩作品の入手方法なども付記させていただくことになります。

私達、荒木時彦、田中宏輔、湊 圭史の三人も、それぞれに実験的な詩や詩集を作成してまいりましたが、ここ、「言語実験工房」においては、ただいま例として、一作品をのみ取りあげることにいたします。




--------------------------------------------------------------------------------
言語実験工房連絡先
湊 圭史:k-minato☆kd5.so-net.ne.jp
上記の☆を@に変えてメールをお送り下さい。

□作品


作品例:『版画、ウミガメ、タイプライターとその周辺の欲望について』
 

朗読会の案内

 投稿者:清水鱗造メール  投稿日:2006年 6月25日(日)21時41分9秒
  小林さん、はじめまして。

朗読会の案内など、ここにどうぞお書きください。

http://www.haizara.net/

 

詩の朗読会について(案内)

 投稿者:小林 尹夫メール  投稿日:2006年 6月25日(日)15時50分36秒
  熊本市立現代美術館で詩の朗読会「詩の朗読の夕べ」を開催しています。
基本的に毎月第4木曜日18時20分~19時です。
7月27日(第32回)のテーマは「道」
毎回在熊詩人13名前後が自作の詩を朗読発表します。
入場・参加無料です。飛び入りも歓迎。読む人は一人3分以内。

こういうニュースはこちらでよかったでしょうか?
 

再送完了

 投稿者:いここ  投稿日:2006年 6月23日(金)22時48分29秒
  今、メールボックスを見たらメールが帰ってきていたので、あせりましたが、こちらの書き込みで問題解決です。なかなか、ひやひやの連続でここまでたどりつきましたが、詩集がきたら感慨ひとしおのはず。たのしみにしております。  

いここさま、すいません。メルアドが間違っていました。

 投稿者:あつすけメール  投稿日:2006年 6月23日(金)19時44分0秒
  。。。いここさま。


   まことにすいません。

   小生のメルアドは


   edgar-poe-machine@s8.dion.ne.jp


      でした。

   ほんとうに、申し訳ございません。

   dion


      が抜けていました。


   再度、メールを頂戴できますでしょうか。


   失礼なことをいたしました。


   自分のメルアドを間違えてしまうなんて、ほんとうに

   すいませんでした。


                   あつすけ。。。
 

レンタル掲示板
/5